休刊のお知らせ 最終発行は来月11日付

2月 26, 2016 · Posted in 未分類 

拝啓 春寒の候 京都丹波新聞をご愛読の皆様方には益々ご清祥のこととお喜び申し上げます。平素は弊紙に対しまして格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
さて昭和60年1月1日の創刊以来、皆様にご支援、ご愛読をいただいてまいりました弊紙ですが、来月の11日付をもちまして休刊させていただくことを、お知らせいたします。
創刊から平成25年まで弊紙は、亀岡に根差し亀岡を代表する地域紙として多くの市民の皆様方に愛され週刊の郷土紙としての歩みを続けてまいりました。ところが、その間、「ネット社会」の進展の影響は予想をはるかに上回り、「紙離れ」傾向が顕著となり活字文化の衰退化が進むなか、欧米だけでなく我が国においても新聞の存在は大きく様変わりしてきました。
そうした状況下で弊紙は、亀岡の地域紙から南丹市、京丹波町も含めた「京都丹波」の地域紙として紙面を刷新しました。しかしながら、京都丹波では地域社会の変遷もあってか、必ずしも時代の読者ニーズに対応できていないというほかなく、当地においては、この時代に果たすべき地域紙の役目は既に終えたと判断させていただきました。
創刊から30年余りの間、温かいご支援を賜りましたことを、この場をお借りしまして厚く御礼申し上げます。ありがとうございました。            敬具
平成28年2月26日
㈱亀岡市民新聞社
代表取締役社長
髙﨑 忍

 

3月4、11日は発行
両日とも購読料無料
前受金は返金
※弊紙はこのあと、3月4日付、11日付も発行いたしますが、両日付とも購読料は無料とさせていただきます。また、読者の皆様の中で前受金をいただいている方々につきましては、次のように対応させていただきます。
金融機関の口座振替で月払いの方は平成28年1月と2月分を3月7日に振り替え、年払いと半年払いの方は3月分以降いただいている金額を3月15日までにご登録の口座へ振り替えます(個々に返金額をお知らせいたします)。
このほか、郵便振替や集金、口座振り込みなどで3月以降の購読料を支払っていただいている方には、すべて3月15日までに現金書留で返金させていただきます。
分かりにくい点がありましたら本社までお問い合わせください。0771・24・2338。

 

Comments

Comments are closed.