【京丹波】町シルバー人材センター10周年

2月 19, 2016 · Posted in 記事 
町シルバー人材センター10周年

式典であいさつする友金理事長(京丹波町蒲生で)

公益社団法人京丹波町シルバー人材センター(友金一文理事長)の設立10周年式典が13日、京丹波町蒲生野の町中央公民館で開かれ、来賓や関係者、会員など約150人が出席した。

同法人は和知、瑞穂、丹波の3町合併に伴い、既にあった瑞穂、丹波の両シルバー人材センターが統合し、これに旧和知町が加わる形で平成18年4月1日に発足した。

当初の年間受注金額は1億円を切っていたが、平成26年度には1億6200万円にまで増加、会員数は302人となっている。

物故者に対する黙とうのあと、あいさつに立った友金理事長は「本格的な高齢化社会を迎え、団塊の世代が社会の担い手としてこれまで以上の活躍ができるよう、10周年を機にさらなる努力を続けていきたい」と述べた。

 

※記事を抜粋。詳細は2016年2月19日付の京都丹波新聞で

 

Comments

Comments are closed.