【亀岡】東輝中吹奏楽部 音楽とボランティアで高評価

1月 22, 2016 · Posted in 記事 
東輝中吹奏楽部

府吹奏楽アンサンブルコンテストで金賞を受賞した8人のメンバーたち(篠町で)

亀岡市篠町の東輝中学校(神先宏彰校長)の吹奏楽部(麻田彩実部長)は新年を迎え活動が一層活発になっている。それは昨年、府内の吹奏楽コンクールで高い評価を受けたことやソロプチミスト日本財団からボランティア活動が熱心であるとして感謝状を受けたことが理由。部員たちにとって励みと自信になっている。

同部は昨夏、第52回府吹奏楽コンクール中学校の部Aで金賞を受賞したほか、12月に八幡市で開催された府吹奏楽アンサンブルコンテストでは2年連続金賞を受けた。1年間に吹奏楽コンクールとアンサンブルコンテストで共に最高評価を受けた中学校は、口丹地域で東輝中が初めて。

また、吹奏楽部は昨年、ソロプチミスト日本財団が設けている「学生ボランティア賞」に応募した。吹奏楽部は土、日曜の部活開始前に、部員たちがグループに分かれて地域の公園の清掃に努めたり、校区内の小学校でミニコンサートの開催、自治会などのイベントに参加して演奏を披露するといった取り組みを続けている。

 

※記事を抜粋。詳細は2016年1月22日付の京都丹波新聞で

 

Comments

Comments are closed.