【亀岡】京都丹波を豆でナンバー1に 「京都丹波」豆ONEの会発足

12月 18, 2015 · Posted in 記事 
「京都丹波」豆ONEの会

「京都丹波を豆でナンバー1に」と立ち上がった会員ら(荒塚町で)

京都丹波地域の「豆」とかかわりがある生産農家や加工、販売業者、学生らが9人が7日、「『京都丹波』豆ONEの会」を立ち上げた。京都丹波を豆でナンバー1の地域にすることが目標。同日に荒塚町の府亀岡総合庁舎で開かれた設立総会では、亀岡市余部町で土産物店「豆屋黒兵衛」の経営などを行う株式会社グロウティの森山隆慈企画営業部長(50)が就任。京都丹波産の豆の情報発信や販売PR、新商品開発などに取り組む方針を確認した。

府南丹広域振興局では昨年度から、「京都丹波豆ONEグランプリ」と題して豆菓子レシピや「食べてみたい給食まめ献立」などの募集を行ってPRを始める中、「単発に終わらず活動を継続できるネットワークや基盤を作ろう」という話が関係者の間で持ち上がり、具体化したのがこの会。当初メンバーとなった9人が発起人となり今年8月から設立準備に動いてきた。

今後は府南丹広域振興局が事務局を務め、今年度は月1回のペースで勉強会や視察、イベント参加などを実施。次年度から本格的に活動を始める予定にしている。

 

※記事を抜粋。詳細は2015年12月18日付の京都丹波新聞で

Comments

Comments are closed.