【京丹波】府内初のパークゴルフ場で第1回町民交流大会

12月 4, 2015 · Posted in 記事 
府内初のパークゴルフ場

競技を楽しむ参加者ら(京丹波町須知で)

京都府内初のパークゴルフ場が整備された京丹波町須知の須知公園で11月29日、第1回「町民パークゴルフ交流大会」(京丹波町体育協会主催)が開かれ、参加者らがきれいに整えられたホールでパークゴルフを体験した。

京丹波町須知の湊敏さん(68)が、雑草が生い茂り放置状態だった須知公園(広さ約2千平方㍍)を有効活用して住民の交流促進や健康増進を図ろうと町内でのパークゴルフ普及を計画し、昨年7月に京丹波町パークゴルフクラブ(湊会長)を結成。会員らが公園の草刈りを行うなどし、同年11月に21~78㍍の18ホールが完成した。

パークゴルフの愛好者は全国に124万人いるといい、湊さんは「念願だったホールが完成し、多くの人と触れ合えることが嬉しい。京丹波町からも競技を発信し、府内全体の大会なども開いていきたい」と意欲を見せている。

 

※記事を抜粋。詳細は2015年12月4日付の京都丹波新聞で

Comments

Comments are closed.