【亀岡】アルコール依存の克服を

11月 20, 2015 · Posted in 記事 
アルコール依存の克服を

笑顔で患者と接する(左から)近藤さん、瀬尾院長、デイケア施設長の瀬尾美也子さん=篠町で

「一人でも多くの人をお酒の害から救いたい」―と地道に活動を続ける「断酒サークル」が亀岡市内にある。篠町の瀬尾医院(瀬尾博院長)を拠点とする「キリフィッシュ」だ。サークルを主宰する「酒害相談員」の近藤敦美さん(68)=同町=も、かつてはアルコール依存症で離職、離婚(現在は復縁)という人生のどん底を味わった一人。近藤さんは依存症を克服して社会復帰した経験を生かし「同じ苦しみを誰にもさせたくない」と患者の支援に全力を注いでいる。

 

※記事のリード部分のみ。詳細は2015年11月20日付の京都丹波新聞で

Comments

Comments are closed.