【南丹】自社栽培米で「どぶろく」 美山ふるさと

11月 20, 2015 · Posted in 記事 
自社栽培米で「どぶろく」

醸造所にする予定の建物内に立つ中井常務(写真はいずれも南丹市美山町中で)

乳製品加工販売・宿泊事業などを展開する第3セクター会社、美山ふるさと(本社・南丹市美山町安掛、小島和幸社長)は、自ら栽培した米を使って「どぶろく」の製造販売に乗り出す。市内全域が認定を受けている国の「どぶろく特区」を活用するもので、中心となって進めている同社の中井壮常務は「美山の新しい名物にしたい」と意気込んでいる。

 

※記事のリード部分のみ。詳細は2015年11月20日付の京都丹波新聞で

 

Comments

Comments are closed.