〝三種の神器〟で勝負 20周年迎えた亀商連

7月 17, 2015 · Posted in 記事 
「街バル」の概要などについて講義を受ける商店主ら

「街バル」の概要などについて講義を受ける商店主ら(亀岡市追分町で)

 

商店街に人を呼び込む〝三種の神器〟と称される「100円商店街」「バル」「まちゼミ」。亀岡市商店街連盟(仲井資具会長、加盟21商店街)が今年度、これらのイベントの初開催に向けて動き出した。同連盟はこのほど「かめおか『街バル・100円商店街』実行委員会」(実行委員長=仲井会長)を発足。3日には山形県新庄市から講師を招いて初の勉強会を開き、事業の進め方や成功へのヒントを学んだ。

※記事のリードのみ。詳細は2015年7月16日付の京都丹波新聞で

Comments

Comments are closed.