これが話題のアユモドキ

7月 3, 2015 · Posted in 記事 
飼育開始から1カ月が過ぎ、岩陰から出て元気に泳ぎ回るようになったアユモドキ

飼育開始から1カ月が過ぎ、岩陰から出て元気に泳ぎ回るようになったアユモドキ

亀岡市古世町の市文化資料館ロビーで、亀岡産アユモドキの展示飼育が始まり、先月末で1カ月が過ぎた。同館では過去にも滋賀県立琵琶湖博物館から借りたアユモドキは展示してきたが、「亀岡産」は今回が初。当初は岩陰に隠れていた稚魚たちも今では水槽を元気いっぱいに泳ぎ回り、訪れた人たちを喜ばせている。同館では「何かと注目を集めるアユモドキだが、実際に見たことがある人は少ないのでは。まずは実際に見て関心を深めてほしい」と期待を込めている。

※記事のリード部分のみ。詳細は2015年7月3日付の京都丹波新聞で

Comments

Comments are closed.