産学連携で「ゴマ醤油」開発

4月 17, 2015 · Posted in 記事 
ゴマ醤油開発

「ゴマ醤油」のプロジェクトにかかわっている竹岡社長(左から3人目)と京都学園大の准教授ら=本梅町で

創業145年の老舗醤油メーカー、竹岡醤油(本社・本梅町、竹岡忠晃社長)で、ゴマ油の搾りかすを有効活用した新商品開発プロジェクトが産学連携で進んでいる。取り組んでいるのは同社と京都学園大学バイオ環境学部(曽我部町)、山田製油(同・京都市西京区、山田康一社長)の3者。全国的にも珍しい「ゴマ醤油」の商品化に挑戦しており、来春の試験販売を目指している。

※記事を抜粋。詳細は2015年4月17日付の京都丹波新聞で

Comments

Comments are closed.