【亀岡】口丹初の小中一貫校・亀岡川東学園 開校から9カ月

1月 29, 2016 · Posted in 記事 · Comment 
亀岡川東学園 開校から9カ月

新しい校舎で学校生活を送る小学部の児童たち(亀岡市馬路町で)

口丹地域で初めての施設一体型小中一貫校として昨年4月に開校した馬路町の亀岡川東学園(川勝哲也校長)。164人の児童と85人の生徒たちは昨年11月中旬から、新校舎で一緒に学校生活を送っている。中学生が小学生を思いやる光景も見受けられる。開校から9カ月、2学期までが修了した同学園では、どのような方法で小中一貫教育が進められているのだろうか。

旧川東小学校と旧高田中学校の統合によって誕生した同学園には、1年生から9年生(7年生以降は中学生)までが在籍する。教職員は約40人。

職員室内は小学部と中学部に仕切ることなく、教諭らが連携しやすい配列にしている。小学校、中学校教諭関係なく全員が9学年の子どもたちを育むという意識を持つ。

校内では始業、終了を告げるチャイムの鳴らし方も工夫。授業時間は小学校が45分間、中学校は50分間。チャイムは小学部と中学部で異なった2種類があるため、各部の始業、終了の時間に鳴らしても混乱は起きていない。

今年度からスタートを切った施設一体型小中一貫教育の感触について川勝校長は、「始まってから、変更が必要なことなどいろいろと気づくことがある。それらを総括して、28年度からは確定した形で取り組みたい」と話している。

 

※記事を抜粋。詳細は2016年1月29日付の京都丹波新聞で

【南丹】スポーツで地域交流にも一役 そのべ総合型地域スポーツクラブ

1月 29, 2016 · Posted in 記事 · Comment 
そのべ総合型地域スポーツクラブ

ソフトバレーボール教室に集まった「そのべ総合型地域スポーツクラブ」の会員ら(南丹市園部町小桜町で)

地域住民が気軽にスポーツを楽しむことができる「総合型地域スポーツクラブ」が全国に広がっている。南丹市内にも旧町単位にあり、そのうちの一つが同市園部町で活動する「そのべ総合型地域スポーツクラブ」(関隆宏会長)だ。子どもから年配者まで幅広い世代が参加でき、地域交流の場としての役割も果たしている。

総合型地域スポーツクラブの設置は、文部科学省や日本体育協会などが推奨している取り組み。生涯スポーツ社会の実現を目指して全国の市町村で広がっており、様々な種目を誰もが気軽に楽しめるのが特徴。運営主体は地域住民で、財源は参加者の年会費などを充てているが、活動を継続・発展するためには会員確保が重要となっている。

そのべ総合型地域スポーツクラブは、今年4月で設立から丸4年を迎える。現在の会員数は約100人で、小学生の子どもから70代の年配者まで幅広い層が活動しており、亀岡市など近隣市町からの参加もある。

種目の中では、家族で参加できるソフトバレーボールが一番の人気で、多い時で50人ほどが楽しんでいる。どの種目も世代を超えて楽しめるため、スポーツを介して地域コミュニティーの場にもなっている。子どもたちの中では、上級生が下級生の面倒を見たりしている微笑ましい光景もあるそうだ。

 

※記事を抜粋。詳細は2016年1月29日付の京都丹波新聞で

【京丹波】瑞穂、和知両支団に計5台 消防車両配属式

1月 29, 2016 · Posted in 記事 · Comment 
消防車両配属式

瑞穂支団と和知支団に配属された5台の小型動力ポンプ付積載車(京丹波町役場で)

京丹波町の平成27年度消防車両配属式が23日、同町役場であり、小型動力ポンプ付積載車5台が同町消防団瑞穂支団と和知支団に配属され、団員らは地域防災への決意を新たにした。

車両更新のため合併補助金3779万8千円を活用し購入。瑞穂支団に3台、和知支団に2台配属された。最新車両は、ポンプ作業がほぼ自動化されて使いやすい。いずれもオートマチック車で、4輪駆動となっている。

配属式では寺尾豊爾町長が梅原好範団長に車両の配属書を手渡し、「地域防災の要として一層、尽力してほしい」とあいさつ。梅原団長は、「今回の車両更新に加え、今年度末の防災無線の新規設置で我々の防災環境は格段に向上する。これを機に、改めて地域貢献や地域の安心を守る活動を考え、町民の期待に応えてほしい」と訓示した。

式典終了後、団員らは早速、役場駐車場に置かれた新型車輌を確認。納入業者から車内設備や搭載設備などの説明を熱心に受けていた。

 

※記事を抜粋。詳細は2016年1月29日付の京都丹波新聞で

【亀岡】東輝中吹奏楽部 音楽とボランティアで高評価

1月 22, 2016 · Posted in 記事 · Comment 
東輝中吹奏楽部

府吹奏楽アンサンブルコンテストで金賞を受賞した8人のメンバーたち(篠町で)

亀岡市篠町の東輝中学校(神先宏彰校長)の吹奏楽部(麻田彩実部長)は新年を迎え活動が一層活発になっている。それは昨年、府内の吹奏楽コンクールで高い評価を受けたことやソロプチミスト日本財団からボランティア活動が熱心であるとして感謝状を受けたことが理由。部員たちにとって励みと自信になっている。

同部は昨夏、第52回府吹奏楽コンクール中学校の部Aで金賞を受賞したほか、12月に八幡市で開催された府吹奏楽アンサンブルコンテストでは2年連続金賞を受けた。1年間に吹奏楽コンクールとアンサンブルコンテストで共に最高評価を受けた中学校は、口丹地域で東輝中が初めて。

また、吹奏楽部は昨年、ソロプチミスト日本財団が設けている「学生ボランティア賞」に応募した。吹奏楽部は土、日曜の部活開始前に、部員たちがグループに分かれて地域の公園の清掃に努めたり、校区内の小学校でミニコンサートの開催、自治会などのイベントに参加して演奏を披露するといった取り組みを続けている。

 

※記事を抜粋。詳細は2016年1月22日付の京都丹波新聞で

 

【南丹】天引の魅力を発信 農林産物販売所が完成

1月 22, 2016 · Posted in 記事 · Comment 
農林産物販売所が完成

完成式でテープカットをする関係者ら(南丹市園部町天引で)

南丹市園部町天引の国道372号沿いに農林産物販売所が整備され、このほど完成式が行われた。活性化の一翼を担う拠点施設と位置づけ、地元産物を使った商品化などで天引の魅力を発信。販売所を切り口に多くの来訪者を呼び込み、地域の元気につなげる。

住民でつくる「天引区の活性化と未来を考える会」(奥村睦夫会長)と天引区(奥村将治区長)、森林事業協同組合など地元の団体が連携し、府の「明日の『京都村』づくり事業」の補助金を活用して整備した。3年計画の事業で、来年度はソフト面の取り組みに力を入れる。

名称は、住民公募で決めた「ほっこりひと休み 源の里 天引むくむく市」(略称・天引むくむく市)。同神社にあるムクの古木など、地元のシンボルや歴史にまつわることも盛り込んで親しみやすさを出した。

運営は同会内に設けた「京都村づくり事業部」が担う。また、近隣の区から出品希望があれば、その商品も販売する考え。

販売所は今後、2月28日と3月13日(時間はいずれも午前9時半~正午)に営業。4月以降は月2回程度開く予定にしている。

 

※記事を抜粋。詳細は2016年1月22日付の京都丹波新聞で

 

【京丹波】道の駅「和」にEV充電器 利用無料

1月 22, 2016 · Posted in 記事 · Comment 
道の駅「和」にEV充電器

稼働開始したEV充電器の前に立つ藤田駅長(京丹波町坂原で)

京丹波町坂原の道の駅「和」は第2駐車場に電気自動車(EV)の普通充電器を5台設置し、このほど運用を始めた。昨年7月に京都縦貫車道が全線開通したことに伴い、同施設の利用客は3割程度減少しており、集客策の1つとして導入した。

普通充電器であるため、ゼロからフル充電には4~5時間かかる。しかし、充電がほぼない状態で来る車はほとんどないと想定。1時間充電すれば、30~40㌔走ることができるため、充電のついでに施設で休憩や買い物をしてもらうことを狙った。利用は無料。

今のところ利用者は多くないが、春の観光シーズンには増えてくると見込んでおり、同施設の藤田義幸駅長は「SNSなどを通じて和に充電器があることを周知していきたい」と話している。

 

※記事を抜粋。詳細は2016年1月22日付の京都丹波新聞で

手づくりチェンバロで演奏会 24日に亀岡リべカ教会で

1月 15, 2016 · Posted in 記事 · Comment 
手づくりチェンバロで演奏会

亀岡リべカ教会の礼拝堂に立つ辻田さん(亀岡市篠町で)

ピアノの前身と言われている撥弦楽器のチェンバロ。古楽の演奏に用いるとピアノとは違った趣の音色が楽しめる。このチェンバロを、ピアノ奏者の妻のために手造りし、一緒に演奏活動を続けている夫婦がいる。夫は遠方に住むチェンバロ職人に師事して技術を学んだ。この夫婦愛が感じられるチェンバロコンサートが24日に篠町の聖イエス会亀岡リべカ教会(辻田真理子牧師)で開かれる。

チェンバロの演奏活動をしているのは、現在、仕事の関係で名古屋市に住む三宅良昌さんと妻の眞理子さん=神戸市在住。2人とも聖イエス会の信徒。

大阪音楽大学ピアノ専攻出身の眞理子さんは、国内外の弦楽奏者、室内楽団、合唱団などのピアニストとして活躍するほか、古楽器に魅せられ、欧州でセミナーを受講するなど研鑽を積んでチェンバロを奏でるようになった。辻田牧師は古い知人。

24日の「チェンバロのしらべ」は、リべカ教会礼拝堂が会場になる。眞理子さんがバッハの「プレリュード」やカベソンの「騎士のうたによる変奏曲」などを披露する。

コンサートは午前10時開場、10時半開演。入場無料。信者以外の来場も歓迎している。問い合わせは亀岡リべカ教会へ。

 

※記事を抜粋。詳細は2015年1月15日付の京都丹波新聞で

地元食材の料理で健康づくり 南丹市健康食推進協

1月 15, 2016 · Posted in 記事 · Comment 
地元食材の料理で健康づくり

美濃吉本店竹茂楼の総料理長、佐竹洋治さんが講師を務めた「和食の伝承講座」(昨年12月撮影、南丹市園部町小桜町で)

南丹市で現在、民間団体と大学、行政などによる〝健康食〟をキーワードにした「医福食農連携」の事業が進んでいる。地元食材を使ったレストランメニューの開発・提供、高齢者への配置食(レトルト食品)の普及、和食文化の伝承を柱にした取り組みだ。地産地消の推進と併せ、6次産業化にもなることから農家の所得向上、市民の健康づくりにつなげていく。

この事業は、平成26年に立ち上がった市健康食推進協議会(小島和幸会長)が進めている。レストランメニューの開発・提供では、京懐石料理店「美濃吉本店竹茂楼」(京都市左京区)の総料理長、佐竹洋治さん(40)が監修。地元で採れる鹿肉や黒豆、米などの食材をふんだんに使った創作和食料理2種類を完成させた。

高齢者向けの配置食事業は、黒豆の加工品製造などを手掛ける農事組合法人グリーン日吉、市社協、市が連携して取り組む。地元食材で調理した料理をレトルトパウチにして各家庭へ届けるもので、買い物に不自由している〝買い物難民〟の支援につなげる。

 

※記事を抜粋。詳細は2015年1月15日付の京都丹波新聞で

元気に楽しく開設10周年 京丹波町上野の地産品直売所「美女山の里・ふれあい市」

1月 15, 2016 · Posted in 記事 · Comment 
美女山の里・ふれあい市

昨年末の10周年記念市に参加したメンバーや来場者ら(京丹波町上野で)

京丹波町上野で土曜と日曜、祝日に開催している地産品直売所「美女山の里・ふれあい市」(須知要代表、20人)が開場10周年を迎えた。「元気に明るく、そして楽しく」をモットーに、新鮮で安心・安全・安価を〝売り〟として運営。来店客はリピーターも多く、消費者とのふれあいや交流が、メンバーらの生きがいにもなっている。

商品はメンバーが持ち寄った多品種少量の構成。旬の新鮮野菜を始め、米やシイタケ、花類などのほか、季節に合わせて栗や枝豆、餅、しめ縄なども並べている。地元・京丹波町や南丹市からの来場がおよそ8割を占めるが、季節商品を目当てに都市部からの来訪も多いという。昨年末には10周年を記念した市を開催。老若男女、多くの人出でにぎわった。

須知代表は10年を振り返り、「開設当初を除き、ほぼ同じペースで続けてこられた。(メンバーは)まじめな人ばかりで、気張ってやってもらえる。消費者にも『おいしかった』と言ってもらえ、生産者として交流できることは年金生活者の生きがい」と喜んでいる。

開場時間は午前7時から午後4時まで(11月~4月は午前8時から)。週末と祝日のほか、盆や年末には追加で開場している。

 

※記事を抜粋。詳細は2015年1月15日付の京都丹波新聞で

 

あけましておめでとうございます

1月 1, 2016 · Posted in 未分類 · Comment 

本紙は8日付を休刊、15日付より平常に戻ります。

 

本年もどうぞよろしくお願いいたします。