【亀岡】重要性周知にあらゆる手段を 亀山城「惣構跡」の保存

12月 25, 2015 · Posted in 記事 · Comment 
亀山城「惣構跡」の保存

丹波亀山城惣構跡保存会が1年半かけて調べた資料の数々と児嶋事務局長(古世町1丁目で)

城や城下町を敵兵の侵入から守る〝最前線の防衛ライン〟として築かれた「惣構」。総延長約3㌔に及んだ亀山城の「惣構」は全国有数の保存状態を誇りながら、新たな宅地造成によって次々と取り壊されている。菱田光紀議員は、亀岡の「惣構」の保存に向けた取り組みについて12月市会で質問。桂川孝裕市長も現状に危機感を示し、「あらゆる手段を講じ、重要性の周知、啓発に協力したい」と答弁。市民グループ「丹波亀山城惣構跡保存会」(小川博会長、73人)との協働にも意欲を見せた。

亀山城はかつて、本丸、二の丸が「内堀」、三の丸が「外堀」で囲まれ、その周囲に城下町が作られていた。その城下町を取り囲んだのが土塁(高さ4~5㍍)と堀(深さ2~3㍍)で構成された「惣構」だ。

宅地開発によって内堀、外堀ともほとんど失われた今、一部ながら当時の姿が現存するのは「惣構」のみ。平成26年7月に市民有志64人で発足した丹波亀山城惣構跡保存会は、1年半の間に現地研修や調査活動を重ね、調査結果をまとめた「散策マップ」、絵地図の上に解説を加えた「散策十七景」を制作。地元に全戸配布するなどして啓発に努めてきた。

自身も保存会メンバーである桂川市長は「貴重な遺産が自分の敷地にあるという認識を土地の所有者に持って頂く取り組みが重要」とし、周知、啓発に力を入れていく考えを示した。

保存会の小川会長は「現存する惣構跡はわずかしかないのに年々失われる。本当に保存は待ったなし」と説明。児嶋俊見事務局長も「まずは今まで見向きもされなかった惣構跡に光を当てて、発掘調査や復元整備に向けた周知啓発に力をいれていきたい」と話している。

 

※記事を抜粋。詳細は2015年12月25日付の京都丹波新聞で

【南丹】「かわったん漬け」人気 美山町河内谷の住民らが商品化

12月 25, 2015 · Posted in 記事 · Comment 
「かわったん漬け」人気

「かわったん漬け」の商品化にかかわっている名古さんら(右端)河内谷の住民たち=南丹市美山町中の加工施設で

南丹市美山町河内谷では、発酵漬物のニシン漬けが古くから各家庭で守り継がれている。その伝統食で地域を売り出そうと、住民たちが「かわったん漬け」として商品化。3年目となる今年も21日にパック詰め作業が行われ、同町内の主要店舗で販売を始めた。期間限定のため、毎年完売する人気ぶりだ。

この漬物は身欠きニシンと聖護院ダイコンを麹で漬けたもの。厳しい冬を乗り越える保存食として作られ、ニシンのうまみでまろやかな味になり、温かいご飯に合う。正月に欠かせない一品で、地元ではニシンだけを焼いて酒のあてにする人もいるそうだ。

聖護院ダイコンは地元で栽培したものを使用。収穫したあと塩漬けにし、11月下旬にほかの材料と合わせる本漬け作業を名古靖子さん(72)ら女性たちが中心に行った。塩加減がポイントで、「暖かい気候だったが、よい出来に仕上がった」と満足する。

「かわったん漬け」は美山町自然文化村河鹿荘(同町中)、ショップ21(同)、ふらっと美山(同町安掛)などで販売している。今年は約250個を販売する見込みで、価格は一個400円。

 

※記事を抜粋。詳細は2015年12月25日付の京都丹波新聞で

【京丹波】〝超〟地域密着型の施設へ 丹波マーケス第2回「100円商店街」大盛況

12月 25, 2015 · Posted in 記事 · Comment 
丹波マーケス第2回「100円商店街」

丹波マーケスの第2回100円商店街で人気を集めた「100円くじびき」(京丹波町須知で)

食品スーパーや各種専門店、フードコートが入る道の駅「丹波マーケス」(京丹波町須知)はこのほど、今年2回目となる「100円商店街」を開いた。2カ月前に手探り状態で初開催した100円商店街ではPR不足がたたり、集客が伸びなかった。そこで改善点を洗い出し、迎えた第2回は盛況のうちに終わり、客の関心も高かったという。「この成功を次につなげたい」。 〝超〟地域密着型の商業施設を目指すマーケスの取り組みは続く。

国道9号沿いに立地する丹波マーケス。京都縦貫道の全通後にその影響を調べたところ来店客は1割程度減った。ということは残りの9割はいつも足を運んでくれる地元客。この結果を受け、より地元に支持される商業施設を目指そうと10月4日、初めて「100円商店街」を開催した。

しかし、事前のPR不足や地域の運動会などと重なったことで予想していた集客とほど遠い結果だった。これを受け、開催後すぐに運営会社の丹波地域開発㈱とテナント会で反省会を開いた。再挑戦に向け、各店では100円商品・サービスの改良に取り組んだ。来店客に告知チラシを手渡しし、新聞社などにプレスリリースを配信するなどしてPRを強化した。

さらに当日は「店頭陳列」「店頭接客」「店内精算」の100円商店街の3カ条を徹底し、客とのコミュニケーションを重視。買い回りを楽しんでもらおうと5店で買い物をすると景品がもらえるスタンプラリーも企画し、集客と滞在時間のアップを図った。

丹波地域開発の藤田真専務は「アンケートに答える人も明らかに増えており、関心が高まってきた。この回答を踏まえながら第3回、第4回開催につなげ、より地元の方に来てもらえるマーケスを目指したい」と話している。

 

※記事を抜粋。詳細は2015年12月25日付の京都丹波新聞で

 

【亀岡】京都丹波を豆でナンバー1に 「京都丹波」豆ONEの会発足

12月 18, 2015 · Posted in 記事 · Comment 
「京都丹波」豆ONEの会

「京都丹波を豆でナンバー1に」と立ち上がった会員ら(荒塚町で)

京都丹波地域の「豆」とかかわりがある生産農家や加工、販売業者、学生らが9人が7日、「『京都丹波』豆ONEの会」を立ち上げた。京都丹波を豆でナンバー1の地域にすることが目標。同日に荒塚町の府亀岡総合庁舎で開かれた設立総会では、亀岡市余部町で土産物店「豆屋黒兵衛」の経営などを行う株式会社グロウティの森山隆慈企画営業部長(50)が就任。京都丹波産の豆の情報発信や販売PR、新商品開発などに取り組む方針を確認した。

府南丹広域振興局では昨年度から、「京都丹波豆ONEグランプリ」と題して豆菓子レシピや「食べてみたい給食まめ献立」などの募集を行ってPRを始める中、「単発に終わらず活動を継続できるネットワークや基盤を作ろう」という話が関係者の間で持ち上がり、具体化したのがこの会。当初メンバーとなった9人が発起人となり今年8月から設立準備に動いてきた。

今後は府南丹広域振興局が事務局を務め、今年度は月1回のペースで勉強会や視察、イベント参加などを実施。次年度から本格的に活動を始める予定にしている。

 

※記事を抜粋。詳細は2015年12月18日付の京都丹波新聞で

【南丹】年間漁獲量1トンめざせ! 美山ホンモロコ生産組合

12月 18, 2015 · Posted in 記事 · Comment 
美山ホンモロコ生産組合

ホンモロコの養殖池の前に立つ大牧組合長(左)と美山漁協の不動克也さん=南丹市美山町安掛で

南丹市美山町内の田んぼで淡水魚「ホンモロコ」の養殖に取り組んでいる団体がある。地元の生産者7人でつくる「美山ホンモロコ生産組合」(大牧祥一組合長)だ。川魚独特の臭みはなく塩焼きや唐揚げ、甘露煮などにするとおいしい高級魚で、遠方から買い求めるファンも多い。大牧組合長(73)は「生産者を増やし、年間漁獲量1千㌧を目指したい」と今後の目標を掲げている。

ホンモロコは琵琶湖の固有種。外来魚による食害などで漁獲量は激減しており、今では京都の料亭などで珍重されている。頭と骨は柔らかく、特にビタミンAやカルシウムを多く含む食材として知られている。

一方、高齢化などで増えていく休耕田を有効活用しようと、田んぼに水を張ったホンモロコの養殖が全国各地で広がっている。比較的簡単に飼育ができるため、高齢者でも取り組めるのが利点。美山町の生産者も農地を守ることと併せ、アユやアマゴに続く新しい特産品づくりを目指して始めた。

今年の漁獲量は260㌔(10日現在)で少なかったため、鮮魚の大々的な販売は見合わせているが、組合員たちは来年の巻き返しを誓う。27日には、「そのべ軽トラ市」(同市園部町)に出向き、秋に水揚げした活魚と佃煮を特別販売する。佃煮は普段、道の駅美山ふれあい広場(同市美山町安掛)などで扱っている。

美山ホンモロコ生産組合(美山漁協内)は☎0771・75・0210。

 

※記事を抜粋。詳細は2015年12月18日付の京都丹波新聞で

【京丹波】最後の「冬ほたる」始まる 24日まで毎夜

12月 18, 2015 · Posted in 記事 · Comment 
最後の「冬ほたる」始まる

両側の80㍍の岩肌に沿って落ちる13本の弦がゆっくり点滅する琴滝を生かしたイルミネーション(京丹波町市森で)

今年で最後となる京丹波町の師走のイルミネーションイベント「冬ほたる」(NPO法人丹波みらい研究会=岩﨑栄喜雄理事長=主催)が、12日から同町市森の名勝「琴滝」で始まった。24日まで毎日午後5時~同10時にLED80万球を使った電飾が遊歩道を美しく照らし、幻想的な世界を創出している。

「冬ほたる」の醍醐味は琴滝のイルミネーション。3億年前に海底から隆起した高さ約80㍍の岩が両側にそそり立つ岩肌の真ん中付近から流れ落ちる滝を生かした13本のLED球の弦をゆっくり点滅させる仕掛けが観客を魅了している。

このイベントは平成17年から始まった。京都縦貫自動車道の全線開通に合わせ、その時に京丹波町が素通りされる町でなく訪れてもらえる町にしようと10年限りのイベントとして独自に考えた。

「冬ホタル」の入場料は500円(中学生以下は無料)。祝日の23日午後6時からと同8時からはライブイベントがある。会場駐車場の収容能力は150台。問い合わせは同町観光協会(丹波マーケス内、☎0771・89・1717)へ。

 

※記事を抜粋。詳細は2015年12月18日付の京都丹波新聞で

 

【亀岡】スポーツを活用した まちづくりシンポ

12月 11, 2015 · Posted in 記事 · Comment 
スポーツを活用した まちづくりシンポ

亀岡市観光協会の創立50周年記念事業で開かれたシンポジウム(亀岡市曽我部町で)

亀岡市曽我部町の亀岡運動公園小体育館で5日、「スポーツを活用した観光まちづくりシンポジウム」(亀岡市観光協会創立50周年記念事業実行委主催)が開かれた。この日は記念すべき第1回「京都亀岡ハーフマラソン」の前日であり、更に市内では仮称・京都スタジアムの建設計画も進んでいることから、湯の花温泉やトロッコ列車といった既存の資源と融合させた「スポーツ観光」の可能性を探った。

パネリストは同志社大学スポーツ健康科学部の二宮浩彰教授、日本サッカー名蹴会の金田喜稔会長、ウオーキングプロデューサーの園原健弘氏、亀岡青年会議所の山本仁士理事長の4人が登壇。コーディネーターは、京都学園大学経済経営学部の吉中康子教授が務めた。

二宮教授はスポーツがもたらす地域活性化の効果として、①まちの知名度とイメージの向上②参加者の消費支出による経済波及効果③スポーツ施設などのインフラ整備の進展④地域住民の帰属意識や一体感の向上─といった点を挙げた。

元サッカー日本代表の金田会長は自身の経験を交えながら、「亀岡には亀岡牛やタケノコなどの食材があり、湯の花温泉に入ることもできる。素晴らしい環境が整った場所だ」と評価した。

バルセロナ五輪で競歩の日本代表選手だった園原氏は、「亀岡にはハイキングコースがたくさんある。市民のみなさんがハイキングサポーターになって来た人をガイドしたら、地域の健康づくりと一石二鳥になる」と提案した。

山本理事長は「京都スタジアムを中心としたまちづくりのために様々な提案、活動をしていきたい」としながら、「春は桜、夏は川遊び、秋は紅葉、冬はイルミネーションのほかに、年中楽しめるスポーツイベントを展開したらいい。スタジアムにコンサートも開かれたら全国から人が集まり、そこから宿泊と観光にもつながっていく」と語った。

 

※記事を抜粋。詳細は2015年」12月11日付の京都丹波新聞で

【南丹】南丹市が「バイオマス都市」に

12月 11, 2015 · Posted in 記事 · Comment 
バイオマス産業都市

家畜排せつ物などを活用したバイオマス発電施設「八木バイオエコロジーセンター」(南丹市八木町氷所で)

南丹市がこのほど、地域のバイオマス(生物資源)を活用して産業創出などを目指す国の「バイオマス産業都市」に選ばれた。市は企業や団体と連携しながら間伐材、家畜排せつ物、食品残渣、廃食用油(使用済み天ぷら油)などの資源を生かした4つのプロジェクトを展開。市内だけでなく、ほかの自治体との広域連携も含めて循環型社会の構築と産業振興につなげる。

南丹市が計画しているプロジェクトの一つが「美山里山の活性化プロジェクト」。美山町森林組合が燃料供給している木質チップボイラとともに、NPO法人美山里山舎が開発した薪ストーブ(製造は地元の鉄工所)の普及促進、小水力発電施設の設置を検討。こうした取り組みを生かしながらエコツーリズムを増やして観光振興にもつなげる。

市は10年後、廃棄物系バイオマス(家畜排せつ物など)の利用率を97%、未利用バイオマス(間伐材など)は37%まで引き上げる目標を掲げる。経済波及効果としてはBDFの広域連携で3500万円などと試算し、雇用創出は5人程度を見込んでいる。

 

※記事を抜粋。詳細は2015年」12月11日付の京都丹波新聞で

 

【京丹波】いじめ防止のための子ども意見発表会

12月 11, 2015 · Posted in 記事 · Comment 
子ども意見発表会

学校の取り組みを発表する生徒ら(京丹波町蒲生野で)

京丹波町教育員会と町内の小中学校校長会は6日、京丹波町蒲生野の町中央公民館で「いじめ防止のための子ども意見発表会」を開いた。町内の5小学校、3中学校の児童・生徒が各校の取り組みや意見を発表する会で初めての開催。

発表会は和知中学校合唱部の歌声で開幕。その後、各校の児童・生徒が学校の取り組みについて発表した。

このうち丹波ひかり小学校は全校児童251人のうち、友達の言動で少しでも嫌な思いをしたことがある生徒が71人いたというアンケートに基づいて校内で話し合いを持った経緯を説明。「身近なところから嫌な思いをする人を減らすことで、クラス、学年、町内へいじめを許さない空気を広げたい」と発表した。

 

※記事を抜粋。詳細は2015年」12月11日付の京都丹波新聞で

【亀岡】母校を悲願の甲子園へ 亀岡高校野球部のOB会設立

12月 4, 2015 · Posted in 記事 · Comment 
亀岡高校野球部のOB会設立

設立総会で記念写真に納まるOB会のメンバーら(安町で)

昭和23年の創部以来、67年の伝統を持つ亀岡高校硬式野球部。中でも〝全盛期〟を支えた昭和50年代の卒業生らが中心となって、このほどOB会(森聖一会長)が設立された。22日の設立総会には昭和30年度から平成26年度までの卒業生57人が出席。会合では、母校を悲願の甲子園へ導くための現役部員の支援や、OB同士の親睦などに力を入れていくことを確認し合った。

今回のOB会設立のきっかけとなったのは、昭和53~55年度の卒業生らが中心となって、数年前から開催していた親睦会。その中で「もっと多くのOBの方々と一緒にできないか」という話が持ち上がり参加者は年苑増加。近年では二十数人が参加するほどの盛り上がりを見せたことから、昨年11月の親睦会で、具体的にOB会設立を目指すことが決まった。

OB会の年会費は3千円。今後は毎年1回の総会のほか、野球部に対する備品の寄贈、現役部員やOB同士の親睦などを計画。会員拡大のために、既に公式フェイスブックページ「亀岡高校野球部OB会」も開設し、情報発信に力を入れている。

 

※記事を抜粋。詳細は2015年12月4日付の京都丹波新聞で

【南丹】50年プロジェクト始動 美山の「京都桑田村」

12月 4, 2015 · Posted in 記事 · Comment 
美山の「京都桑田村」

学生たちにお手玉を教える桑田村のメンバー(中央)=京都市北区で

南丹市美山町豊郷で地域活性化の取り組みを精力的に展開している「京都桑田村」(柿迫義昭代表)の会員たちがこのほど、京都市北区にある大谷大学短期大学部で〝講師〟を務めた。保育士を目指している幼児教育保育科の学生にお手玉といった昔の遊びを伝え、将来に役立ててもらおうというもの。これを機に桑田村は保育園児らとの交流を含めた一連の事業を「50年プロジェクト」と位置づけ、息の長い活動にしていく方針だ。

「京都桑田村」は豊郷地区に暮らす65歳以上の有志が立ち上げた組織で、地域活性化を目標に地元の公民館が行う事業の実働部隊として活動。ボランティアで参加した都市住民と田んぼの草刈りなどをしているほか、春と秋に合宿を受け入れている「たかつかさ保育園」(京都市北区)の園児と交流を続けている。

学生は保育実習のために昨秋から、たかつかさ保育園の園児と一緒に豊郷地区を訪れており、こうした縁で桑田村の大学訪問が初めて実現した。地域は人口減少が進む状況にあるが、柿迫代表(67)は「将来に夢と希望を持って取り組んでいきたい」と意欲を示している。

 

※記事を抜粋。詳細は2015年12月4日付の京都丹波新聞で

【京丹波】府内初のパークゴルフ場で第1回町民交流大会

12月 4, 2015 · Posted in 記事 · Comment 
府内初のパークゴルフ場

競技を楽しむ参加者ら(京丹波町須知で)

京都府内初のパークゴルフ場が整備された京丹波町須知の須知公園で11月29日、第1回「町民パークゴルフ交流大会」(京丹波町体育協会主催)が開かれ、参加者らがきれいに整えられたホールでパークゴルフを体験した。

京丹波町須知の湊敏さん(68)が、雑草が生い茂り放置状態だった須知公園(広さ約2千平方㍍)を有効活用して住民の交流促進や健康増進を図ろうと町内でのパークゴルフ普及を計画し、昨年7月に京丹波町パークゴルフクラブ(湊会長)を結成。会員らが公園の草刈りを行うなどし、同年11月に21~78㍍の18ホールが完成した。

パークゴルフの愛好者は全国に124万人いるといい、湊さんは「念願だったホールが完成し、多くの人と触れ合えることが嬉しい。京丹波町からも競技を発信し、府内全体の大会なども開いていきたい」と意欲を見せている。

 

※記事を抜粋。詳細は2015年12月4日付の京都丹波新聞で