新幹線 あきらめない

6月 28, 2013 · Posted in 記事 · Comment 
小浜市では総決起大会

ガンバロー三唱をする湯浅副市長(右から3人目)と渡邉会頭(同2人目)=福井県小浜市で

北陸新幹線「小浜(若狭)ルート」建設の早期実現に向け、ルート上を通る亀岡市と福井県小浜市がタッグを組んで、活動を進めている。
23日には、栗山正隆市長の代理で湯浅敬三・亀岡市副市長、亀岡商工会議所の渡邉裕文会頭が、福井県小浜市の市文化会館で開かれた「北陸新幹線若狭ルート建設促進総決起大会」に来賓として出席。早期実現に向けて福井側の住民と心を一つにして取り組む気持ちを新たにした。

※詳細は2013年6月28日の亀岡市民新聞で

30日に本オープン「ききょうの里」

6月 21, 2013 · Posted in 記事 · Comment 
宮前町の「ききょうの里」

本オープンを前に花を付け始めたキキョウ

宮前町の谷性寺の門前に広がる「ききょうの里」(丹波/亀岡ききょうの里を作る会主催)が30日、本オープンを迎える。キキョウの見頃は7月に入ってからだが、関係者らは5万株の花が一面に咲き誇るのを心待ちにしている。
同寺は明智光秀の首塚のある寺として知られ、境内には明智家の家紋であるキキョウが咲くことから「桔梗寺」とも呼ばれている。同里には、白や薄いピンクといった珍しい色のキキョウも見ることができる。市外の観光客も多く、昨年は約8千人の来場があった。

※詳細は2013年6月21日付の亀岡市民新聞で

育児援助希望者の心強い味方「ファミサポ」

6月 14, 2013 · Posted in 記事 · Comment 
全体交流会「ファミサポ祭り」

全体交流会「ファミサポ祭り」の様子

育児の援助を受けたい時、地域の支援者が一時的に子どもを預かる「亀岡市ファミリー・サポート・センター」(ファミサポ)が今秋、開設10周年を迎える。会員数や活動件数は開設時より増加していて、「ますます充実させていきたい」と担当者は話す。

ファミサポは、育児のサポートを受けたい人が「おねがい会員」として、サポートができる人が「まかせて会員」としてそれぞれ登録し、いざというときに地域で子どもの世話を有料で行う。

子どもを預ける保護者からは「動けない時間に動いてもらえるのでうれしい」「安心して任せられる」などの声があり、預かる側からも「孫と遊んでいるようでうれしい」「張り合いが出てきた」などと喜んでいる。

※詳細は2013年6月14日付の亀岡市民新聞で

亀岡経済に明るい兆し?

6月 7, 2013 · Posted in 記事 · Comment 
景況感のグラフ

企業の景気へのマインドに明るい兆しが見え始めたようだ

亀岡でも平成20年のリーマン・ショック以降、冷え込み続けてきた企業の景気へのマインドに明るい兆しが見え始めたようだ。亀岡商工会議所がこのほど会員企業を対象に行った「亀岡の経営・経済動向調査」の今年1月から3月期実績で、景気に関する意識が前の期より大幅に改善。4~6月期やそれ以降の予想についても更なる上昇が見込まれている。

※詳細は2013年6月7日付の亀岡市民新聞で