写ガール隊 結成!

5月 31, 2013 · Posted in 記事 · Comment 
写ガール隊

写ガール隊員や関係者、府広報監のまゆまろ

女性や若者の視点で京都丹波の新たな魅力を再発見し、フェイスブックで情報発信をしていく「京都丹波・写ガール隊」の結成式が23日、荒塚町の府南丹広域振興局亀岡総合庁舎であり、事業の企画・運営などを行う11人の「コアメンバー」に山田啓二知事からの委嘱状が交付されるなどした。
コアメンバーとなっているのは、京都府立大学の学生や府の若手職員ら20~30代の女性。11人のうち2人は男性で、「男子部」として参加している。

※詳細は2013年5月31日付の亀岡市民新聞で

青年海外協力隊OGの森さん別院中で講演

5月 24, 2013 · Posted in 記事 · Comment 
青年海外協力隊OGの森さん

民族衣装を着て講演した森さん

国際理解教育として東別院町の別院中学校(松谷健司校長)3年生19人がこのほど、西アフリカ・セネガルに2年間派遣された青年海外協力隊OGで、JICA(国際協力機構)の森万佐子さん(30)から、現地の様子や住民とかかわるなかで感じたことを聴いた。

講演では、医療が整っていないため、5歳までに亡くなる子どもが7人に1人(約15%)いるという現状を紹介。電気が通っていない村で携帯電話をしている人の写真も見せ、「充電は街に出かける人に頼んでいます」と現地へ行って知った情報を伝えた。

※詳細は2013年5月24日の亀岡市民新聞で

京都丹波サポステが安町で開所

5月 17, 2013 · Posted in 記事 · Comment 
京都丹波サポステが安町で開所

開所式ではスタッフが紹介された

ニートら若者の就労を支援する「京都丹波若者サポートステーション」(サポステ)がこのほど、安町釜ケ前のミューレ1階で開所し、運営を始めた。府内では京都市、宇治市、綾部市に次いで4カ所目。

利用対象者は、仕事を辞めたあと、一定期間「無業」状態の15歳から39歳までの若者やその家族らで、働くための一歩が踏み出せないといった南丹地域の在住者ら。また、ニート化を防ぐため、高校、大学などとの連携や、南丹市と京丹波町での出張相談も行うことにしている。
自立支援員やキャリアコンサルタントら8人のスタッフが相談やセミナーなどを開く予定。
開所時間は月曜と水曜から金曜までの午前10時から午後6時まで。日曜は午前10時から午後8時まで。相談は要予約で、問い合わせはサポステ(29・3737)へ。

※詳細は2013年5月17日付の亀岡市民新聞で

亀岡光秀まつり 観客は3万7千人余

5月 10, 2013 · Posted in 記事 · Comment 
光秀まつり

明智光秀公役の片山宏司さんは馬上からにこやかな表情を見せた

亀岡の春の一大イベント「亀岡光秀まつり」(同実行委員会主催、亀岡市民新聞社など後援)が3日、旧城下町一帯で開かれ、約500人の武者行列が勇壮に練り歩いた。戦国武将・明智光秀公を顕彰する祭りで、今年で41回目。古世町の南郷公園では「かめまるフェスタ」があり、音楽イベントや特産品販売などでにぎわった。主催者発表によると、観客は昨年より2500人多い3万7500人だった。

※詳細は2013年5月10日付の亀岡市民新聞で